私たちは、ストレスを健康と成長のための糧とできる社会の実現

慶應義塾大学ストレス研究センター(Center for Stress Research:CSR)は、ストレスを健康と成長の糧とできる社会を実現するために、その実践と研究の拠点として、2013年6月に設立されました。

我が国の産業保健における大きな課題とされてきたストレスとメンタルヘルスに関する研究、また、研究遂行に必要な機能の提供や研究活動を担う人材の育成など、質の高いメンタルヘルス研究実施のための支援体制の整備を通じて、本邦および世界のストレス研究に寄与することを目的としています。

Mission

人々をより健康な生活に導くため、医学・医療の専門家として、深い専門性と広範な視野を持ち、常に高い倫理・道徳観に基づき行動します。

また、研究および活動に必要な機能・サービスを提供し、企業、学校、医療機関、自治体などの活動に開かれた、実践および研究ネットワークの形成に努めます。

CSRを構成する3つの部門Divisions

1研究部門 Research department

世の中には、人々の健康の回復や増進に繋がるさまざまなサービスがありますが、それらの中には、その効果が十分に実証されていないものも多くあるのが実状です。

そのような中、「真に価値あるものを、科学的知見をとおして、適切な形で、社会に還元する」という使命のもと、研究部門では、産業メンタルヘルスマインドフルネス認知症ケア医療経済など様々な領域の研究を推進しています。その知見を広く企業をはじめとした社会に還元し、人々がより健康に幸せに生きられる社会の実現を目指します。

2産業メンタルヘルス運営部門 Occupational mental health

包括的メンタルヘルス対策業務の実施しています。この運営部門は、2009年より慶應義塾大学医学部精神神経科において開始されたKEAP(Keio Employee Assistance Program:従業員支援プログラム)事業を端緒とするものです。企業内うつ病などの精神障害の予防から職場復帰支援にいたるまでの包括的なメンタルヘルス対策を、企業との受託事業として行います。

3教育・育成・研修部門 Training department

KEAPをはじめとして、さまざまな産業メンタルヘルス領域での実践を行えるスタッフの教育および育成を行います。本邦には、メンタルヘルス不調による長期休業者の増加や精神障害に対する労災補償事例の増加などの解決すべき社会的課題が存在しています。これらはメンタルヘルス上の大きな問題であると共に、企業にとっては重大な経済的損失にもなっています。こうした問題の解決には、メンタルヘルスに精通した多くの医師や臨床心理士が必要です。本センターでは、問題解決に積極的に寄与できるスタッフの養成に努めます。

所員紹介Member

  • 三村將
    三村將
    医学部精神・神経科学教授(センター長)
  • 白波瀬丈一郎
    白波瀬丈一郎
    医学部精神・神経科学特任准教授(副センター長)
  • 田渕肇
    田渕肇
    医学部精神・神経科学専任講師
  • 佐渡充洋
    佐渡充洋
    医学部精神・神経科学専任講師
  • 二宮朗
    二宮朗
    医学部精神・神経科学特任助教
  • 三浦有紀
    三浦有紀
    医学部精神・神経科学特任助教
  • 斎藤文恵
    斎藤文恵
    医学部精神・神経科学特任助教

Topics

所在地Access

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35

信濃町駅(JR総武線)徒歩1分
国立競技場駅(都営地下鉄大江戸線)徒歩5分