産業メンタルヘルスOccupational mental health

職場復帰支援を中心とした
メンタルヘルス支援プログラム
KEAP(KEIO Employee Assistance Program)

KEAPは、うつ病などのメンタルヘルス不調で休業に至った社員の方などが、スムーズに職場復帰を果たし、その後も継続して就労できることを支援するプログラムです。

産業メンタルヘルスの分野において、ストレスを健康と成長の糧とするための方法として、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室が、精神医学および産業メンタルヘルス領域で培った50年以上にわたる経験と科学的知見に基づいて開発しました。

支援方法Support method

KEAPでは、複数の精神医学の専門スタッフによるチームアプローチを行います。臨床心理士が契約企業に常駐することで、関連部門ときめ細やかな連携を実現し、メンタルヘルス不調者の状態や彼らを取り巻く環境を詳細に把握します。精神科医はこれらの情報を参考にしながら、メンタルヘルス不調者と面談して精神医学的評価を行います。これらの結果をチーム内で話し合い、支援方針を決定します。さらに、その支援方針に基づき、メンタルヘルス不調者および彼らを取り巻く関連部門の人々と協働して、支援計画を立てます。この支援計画に則って、KEAPは適切な支援を実施します。

詳細はこちら

実績Organizations we've served

これまでに、従業員約一万人規模の企業をはじめとする4社との間で、慶應義塾との間の締結された業務委託研究契約に基づき、精神科医と臨床心理士がチームを組み、契約企業従業員に対して職場復帰支援を中心としたメンタルヘルス対策業務を行っています。