【企業様向けオンライン説明会】のご案内〜社員の方のwell-being・労働生産性改善を研究する「マインドフルネス教室」

2020年9月30日


 
 
このたび、「マインドフルネス」という瞑想やヨガの手法を用いたプログラムが、働く人のウェルビーイングやエンゲージメント、また労働生産性を高める効果があるかを明らかにするための研究の実施を計画しております。それに伴い、参加協力いただける企業様を募っております。説明会にて詳細をお聞きの上、ご検討くださいますようお願い申し上げます。
 
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教教室
慶應義塾大学ストレス研究センター
佐渡充洋(研究責任者)
 

説明会概要

日時:2020年10月19日(月)14:00-15:30
 
開催方法:オンライン(Zoom)
※Zoomへの接続環境は各自にてご準備ください。
タブレット端末の場合は事前にアプリ(Zoom cloud meetings)をダウンロードしてください。
 
対象:人事もしくは産業保健のご担当者様
(下記「研究概要」をご確認ください)

 
ご案内用資料(こちらからダウンロードしてご利用ください)
 

お申し込み

下記のフォームよりお申し込みください。

お申し込みフォーム

お申し込みいただきましたら、開催前日までにカンファレンスのZoomリンクをご登録メールアドレスにお送りします。
 
前日になってもリンクが届かない場合、その他お問い合せは、下記メールアドレスにご連絡ください。

keiocsr@gmail.com
 

【研究概要】

本プログラムは、研究費での実施となるため、企業様・ご参加の社員様の費用負担はございません。
※但し、参加者の募集、スクリーニング対応、データ管理等を企業のご担当者様にお願いする予定です。

 
▼対象
参加企業の従業員の方合計200名程度(1企業あたり20人以上の研究適格者)募集します。
 
▼実施方法
全てオンラインで実施する予定です。
 
▼プログラムの内容
マインドフルネス認知療法という健康な方のwell-beingの改善に効果の確認されたプログラムを簡略化したものです。
 
▼スケジュール
1回1.5時間程度、4回程度の介入を予定しています(その後月1回程度のフォローアップクラスを半年間実施予定)。
第1期:2021年6月以降/第2期:2022年8月以降

マインドフルネスを取り入れたプログラムは世界各国で研究され、ストレスの改善、well-beingやメンタルヘルスの向上などの効果が認められています。私たちもこれまでに様々な方を対象にマインドフルネス教室を実施してまいりました。
これまでの研究はこちらよりご覧いただけます。