第12回 拡大版 慶應産業精神保健カンファレンス開催のお知らせ

2020年1月23日

 

※新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、本カンファレンスの開催は中止とさせていただきます。

 

 

今回の慶應産業精神保健カンファレンスでは、産業医、眼科専門医、コンセプトディレクターなどいくつもの専門性をお持ちの三宅 琢先生に、
『インクルーシブ社会の創生に向けた、真の働き方改革とは』
とのタイトルで、3つテーマについてお話しいただきます。

 

【日時】 2020年2月26日(水)19:00-21:00
【場所】 慶應義塾大学信濃町キャンパス 総合医科学研究棟1階ラウンジ
キャンパスマップ【12】
【お申し込み】 お名前・ご所属を明記の上、keiocsr@gmail.comまでお申し込みください。
数日以内に事務局よりご連絡いたします。

※ご参加は、医療従事者・研究者・企業等で健康経営に関わり・関心がおありの方とさせていただきます。
(定員50名/参加費無料)

 

 

演者:三宅 琢 先生

東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野 客員研究員
東京大学未来ビジョンセンター 客員研究員
公益社団法人Next Vision 理事、株式会社Studio Gift Hands 代表取締役
医学博士、眼科専門医、労働衛生コンサルタント、メンタル法務主任者
趣味:映画、芸術、家具、演劇、喜劇、写真、詩歌

 

 

【内容】

『インクルーシブ社会の創生に向けた、真の働き方改革とは』

──《支援空間ビジョンパーク》が目指す、人生100年時代の新しい医療のあり方
眼科専門医兼コンセプトディレクターとしてビジョンパークの制作・運用に携わったご経験から、ICT機器を活用した障がい者・高齢者への情報処方と、障がい者と健常者が共存する包括的な社会の実現に向けた具体的な取り組みについてご紹介いただきます。

 

──産業保健の現場におけるリテラシー教育の重要性と、企業文化に合わせた実践的な健康経営の秘訣

多様化する労働環境と多様な労働者の存在する産業保健の現場。企業内CHO(最高健康・幸福管理責任者)として健康経営から障害者雇用まで幅広い研修・教育を行う産業医としてのご経験をもとにお話しいただきます。

 

──多分野を越境して見えた、社会課題のフレーム化&解決方法から医療者の働き方改革まで

医療、教育、福祉、環境問題など、各分野で課題の抽出・構造化を行い、課題解決を提案する三宅先生。その「社会医」としての活動を通して得た医療者のwell being、真の働き方改革への論考をお話しいただきます。