マインドフルネスMindfulness

マインドフルネスとは、「今この瞬間の体験に気づき、ありのままにそれを受け入れる方法」(大谷, 2014)のことです。マインドフルネスの概念を医療に応用し、8週間のプログラムを作ったのは、マサチューセッツ大学のジョン・カバットジン博士で、1970年代のことです。このプログラムはマインドフルネスストレス低減法(Mindfulness Based Stress Reduction: MBSR)と呼ばれています。その後2000年にジョン・ティーズデール博士、マーク・ウィリアムズ博士、ジンデル・シーガル博士らが、MBSRを基にしたマインドフルネス認知療法(Mindfulness Based Cognitive Therapy: MBCT)を開発し、うつ病の再発予防効果を実証してから、マインドフルネスの概念が医療の世界で広く知られるようになってきました。以後、アメリカやヨーロッパを中心に、マインドフルネスの様々な効果が実証されるようになってきています。しかし、文化や社会制度の異なるわが国でも同じような効果が得られるのか、その科学的根拠は、まだ十分に蓄積されているとは言えません。私たちは、研究を通して、マインドフルネスが適切な形で社会に普及していくことに貢献していきたいと考えています。これまでにマインドフルネスに関連して以下の研究が実施されています。詳細はそれぞれをご覧ください。